ED治療薬の先発品レビトラの効果と発現時間

ED治療薬として世界で2番目に開発されたレビトラは、日本でも認可され専門のクリニックや一般の病院でも処方されています。水に溶けやすい性質をもつバルデナフィルを有効成分として、即効性に長け、作用時間もやや長めとなっており、副作用も比較的少ないことから愛用する人も少なくありません。正常な人の勃起は、海綿体に分泌されるcGMPが血管平滑筋を緩め、血液の増進を促すことで力強い勃起ができるようになりますが、EDの人はcGMPを分解する酵素であるPDE5が余計に働き、すぐに萎えてしまうようになります。バルデナフィルにはこのPDE5の働きを阻害する作用があり、さらに血管を拡張させるために一酸化窒素を活性化させるため、海綿体への血液の流入量を増やして以前よりも硬い勃起ができ、さらに維持できるようになるというものです。即効性に関しては服用して20分ほどで効果が発現するため、性行為の直前に飲むだけで勃起の改善ができます。食事の影響も少なく、本来ならば空腹時に使用するべきなのですが、脂っこくない軽食であれば通常通りに作用するため、食事のタイミングを考えて飲む必要がなくなるのも特徴です。さらに10mgなら5~6時間、20mgでは最大10時間は効果が持続するため、慌てて性行為を終わらせるような必要はありません。個人差はありますが、あまりにも勃起力が強すぎて性行為が終わっても継続して勃起したままということもあり、何度か続けて行うことでパートナーを十分に満足させることができます。先発医薬品として販売され、現在も特許が残っていることから、かの有名なバイアグラのようなジェネリックはいまだに存在せず、例外を除いてレビトラのような特徴を持つ飲み薬はこの1点のみとなります。