レビトラの副作用と服用の注意点

レビトラは勃起不全症(ED)治療薬として広く使用されています。日本で勃起不全症治療薬として初めて臨床応用されたのはバイアグラですが、それに続いて発売されたのがレビトラです。レビトラの後に発売されたシアリスもあわせて3つの薬が勃起不全症治療薬として臨床応用されています。
いずれの薬も同じ作用機序を有しています。詳細に説明すると、血管平滑筋に存在するホスホジエステラーゼVを阻害することによって血管を拡張させ、血流量を増やし勃起を引き起こします。しかしこの血管拡張作用は陰茎部のみに起こるのではなく全身に起こります。それによって様々な副作用が現れます。まず、血管が拡張することによって血圧が下がり低血圧状態になりやすくなります。低血圧になるとめまいや体のだるさを感じることがあります。また頭部の血管が拡張してしまうと、脳組織を血管が圧迫してしまい、これが神経を刺激して頭痛が起こることがあります。その他、顔面紅潮やむくみも起こることがあります。
また併用薬に関しても注意が必要な薬剤です。レビトラの有効成分であるバルデナフィルは肝臓の薬物代謝酵素であるCYP3A4によって代謝を受けます。CYP3A4はバルデナフィルだけでなく様々な薬物の代謝を担っています。もしレビトラと他のCYP3A4で代謝される薬物を併用すると、相互の作用を増強してしまい、薬が効きすぎたり、副作用が現れやすくなってしまいます。CYP3A4で代謝される薬物としてはカルシウム拮抗薬、スタチン系薬剤、マクロライド系抗生物質、抗HIV薬、アゾール系抗真菌薬など様々なものがあります。もし併用薬がある場合には医師に指示を仰ぐようにしましょう。