レビトラとバイアグラとの違い

世界中で利用されているED治療薬といえばバイアグラですが、最近はレビトラの愛用者も増えてきています。
同じED治療薬であり、作用もほとんど変わらないのに、もっとも大きく違うのは何かといえば、それは成分になります。
バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルで、アメリカのファイザー社により製造販売されています。
クエン酸シルデナフィルには、勃起障害の原因であるPDE-5という酵素を阻害する効果があるので、この薬を飲めば、正常な性行為が出来るようになります。

発売されて以来、勃起障害に悩む男性の助けとなってきましたが、食事の影響を受けやすいため、空腹時に服用しないと、効果を発揮できないという難点があります。
空腹時を狙って飲まなければならないので、バイアグラはそれが嫌だと感じていた人は少なくありませんでした。
その後に誕生したレビトラは、その欠点が改良されているので、食事の影響を受けにくくなっています。
レビトラは、ドイツの製薬会社のバイエル薬品が製造販売している薬で、わざわざ空腹時に服用しなくてもよいことから、食事を楽しんだ後で、性行為を行えるため、バイアグラよりもこちらを好んで使っている人も珍しくありません。

持続時間にも差があり、バイアグラの場合は5時間~6時間ほどですが、レビトラの場合は5時間~10時間は続くと言われています。
即効性もレビトラの方が高いと感じる人が多いので、バイアグラに不満を感じていた方は使ってみてください。

またレビトラとバイアグラにはそれぞれジェネリック医薬品もあります。
バリフやカマグラはジェネリック医薬品としても有名で、効果も高いですが値段が安いです。
レビトラもバイアグラも病院へ行けば処方してもらえますが、ジェネリックは個人輸入代行通販からでも入手することは可能です。
人によって、効き目がある薬とない薬があるので、色々試してみて、自分に合ったものを利用するとよいでしょう。